幸右衛門茶舗について

幸右衛門の、想い

安永9年創業。
現代まで豊かに培ってきた、
茶づくりの心と日本茶文化。

幸右衛門茶舗の伝統的な土蔵 緑茶、日本茶を嗜む女性

創業は、安永9年(1780年)の初代宮鍋幸右衛門。
本物の美味しいお茶と、深化した日本茶文化を、心ゆくまで愉しんで頂きたい。 幸を届け、皆様の笑顔が見たい。
幸右衛門茶舗には230年培ってきた、豊かな茶づくりの心と日本茶文化があります。


茶摘み 幸右衛門茶舗茶葉ケース陳列 幸右衛門茶舗本店・製茶工場前

本当に美味しいお茶を、新しい感性で。

幸右衛門茶舗では、濃厚な甘味と香りで評価の高い日本茶、プレミアムな東京狭山茶を提供し続けてきました。初代から継承してきた、美味しい茶づくりの技能と経験、磨きあげた感性。幸右衛門茶舗だから提供できる本物のお茶を、現代的な新しい感性でご提案いたします。


東京随一の伝統緑茶 伝統が薫るフレーバーティー

東京狭山の地で創られる、お茶の新しい魅力。

幸右衛門茶舗が代々受け継いできた東京狭山の農地。その地では今もなお、丹念に茶葉を栽培しています。幸右衛門茶舗ではその貴重な東京狭山茶をはじめ、全国の厳選茶葉を製茶にした日本茶「こだわり緑茶」、華やかで芳醇な幸右衛門茶舗オリジナルの「フレーバー紅茶」をお作りしています。幸右衛門の伝統を基に、お茶の新しい魅力を創造し続けています。